とくとめ道信の実績

1期4年、されど抜群の実績。

不正を許さぬ強い心 猪瀬知事と真剣勝負→辞任に追いこむ

 「政治とカネ」の問題は、ぜったいに許せないと立ち向かいました。

とくとめ道信 猪瀬知事(当時)の5千万円不正授受疑惑に質問に立ちました。
 脳裏にあったのは、東日本大震災の被災者や都民のたいへんな生活でした。そんなときに東京都のトップにたつ知事の不正は許せないと徹夜で準備し、知事のお金の保管方法に重大な不自然さがあることを突き止め、追及。この質問をきっかけにマスコミがいっせいに報道し、百条委員会の動きも強まる中、猪瀬知事を辞任に追い込みました。

わけへだてしないあたたかさ 待機児解消へ 板橋に保育園ふえた!

 「人のため、世のため」に動くときは、誰とでも、どんな信条やどんな政党支持の人とでも、力をあわせ、切り開くことをモットーに。

とくとめ道信
新宿駅西口で保育園増設を
うったえる
 前回都議選で8人から17人に倍増した日本共産党都議団は、保育園用地買い上げの補助をする条例案を提出。与党だった自民党や公明党は「パフォーマンスだ」といって否決しましたが、補助は一部実現。また、都有地の活用、保育士の処遇改善などの提案が実って、都内の認可保育園は、この4年間で公約の3万人を大きく超える5万3千人分、板橋でも、1753人分がふえました。

養育院跡地問題は住民の声生かします

 住民の運動と声を受け、養育院(現・健康長寿医療センター)の建替えで生まれた広大な跡地は、高齢者や障害者向けの施設に使うべきと代表質問でよびかけ、福祉のサービス施設や防災広場ができる予定です。